デュアロジック 新型フィアット500 故障 トラブル 修理 整備 メンテナンス 良い所 / 悪い所 FIAT全般

デュアロジックの操作方法!エンジン始動・停車の仕方は?正しい運転と乗り方でフィアット車を楽しもう♪

投稿日:2018-09-26 更新日:

可愛らしいフィアット500が欲しいな♪乗りたいな♪買おうかな♪ と思ってる人がネットで調べてみると、まずは目にすることでしょう『デュアロジック dualogic』という言葉。

良くも悪くもでしょうけど、新しいFIATの代名詞になっちゃいましたね(笑)

 

このチンクエチェンティスタという500LOVEな個人サイトでも、けっこう「デュアロジック」の検索ワードで訪れて下さる方が増えています。

おかげ様で、Google検索やYahoo!でも、オフィシャル(fiat magazine CIAO!)で藤トモさんが「デュアロジック運転のコツ」を解説してるページの次くらいに出てきて少し嬉しい♪

デュアロジック dualogic グーグル検索

そして、当サイト内のアクセス記事ランキングでも上位を総ナメ状態…。だいたいコイツらが1位2位3位の表彰台を独占してる日が多いです。

 

…うーん、有り難いのですが(苦笑)、

故障やトラブル系の記事が中心になってしまうのが、微妙っちゃビミョーなんです…

いやいや!べつに悪口は書いてませんよ?(汗)まぁ、しがらみも忖度もないですから、体験を元に自由に書いてますけど、個人的にはポジティブに捉えていますよ。デュアロジック君。

(出来の悪いコほど可愛い…的な…?)

デュアロジック車 フィアット500

まあ、冗談はさておき、新車購入してもディーラーでさほど運転のレクチャーもされずイキナリ乗って帰らされることが多いらしい(?)フィアット500。ここではデュアロジックの基本的な操作方法をメインに書きましょう。仕組みやら構造は他のデュアロジック記事にて詳しく。

 

エンジンを始動する前に…!

キーを捻る前に、儀式が必要です。

フィアット500の運転席のドアを開けると『キュゥィィィィン…』とモーター音が足元から聞こえてくるのですが、この音が完全に止まってからキーを回してエンジン始動するのがデュアロジック車の鉄則です。

この音は、デュアロジックのポンプが作動する音で、パソコンに例えるならOSが立ち上がる前のスタンバイ状態です。Windowsとか開くまでは操作しちゃイケナイですよね。下手に触るとシステムやデータが壊れるかも、って最初に教わりますものね。まあ、そういう事です。

フィアット500 エンジン始動

車を運転する時って、わりと乗ってすぐにエンジン掛けることが多いと思います。

夏は早く窓開けたいですし、冬はとりあえず暖気しときたいですし。乗り慣れたクルマなら尚更、自然と一連の動作で乗り込んだと同時にキーを回しちゃう。…でも、フィアット500やニューパンダといったデュアロジック車はダメ。最初のモーター音が鳴り止む10秒弱を待つ必要があります。

デュアロジック 油圧ポンプ

この音は、デュアロジックの油圧ポンプが作動しているモーター音で、適正な油圧が確保できるよう準備をしている音です。(このパーツはDENSO製のようですね)

起動スタンバイ中にエンジンを掛けることは、システムが立ち上がっていないパソコンを無理やり操作しようとする様なものなのでしょうけど、このクルマの場合ある程度は無理して起動できてしまうことがある(エラーになる場合もある)みたいなので…

そうなると機械的にかなりの高負荷が掛かります。これがよくありません。

デュアロジック Dualogic

さらに、その状態ですぐさまアクセル踏んで発進しようものなら、油圧が不十分でパワー不足のまま、デュアロジックに重さ1トンの車のギアを切り替えるという過酷な動作を強いることになるので、そんな事を続けていればどう考えても遅かれ早かれ壊れますよね。

人間も、準備体操せずにイキナリ急激な運動すればケガしちゃうし、疲労が蓄積したまま無理し続けてればカラダ壊しちゃう。

 

ちなみに、ある程度走ったあとに駐車して、さほど間を置かずに乗り込んだ時などは油圧が多少キープされてるので、モーター音が短くなったりします。エンジンオイルの油温もそうですが、一度カラダが暖まっていれば、すぐまた走り出せるということで、やっぱりクルマもヒトに似てますね。

そして、デュアロジックの油圧ポンプ自体の不調や、バッテリーが弱って電圧低下してる等の症状も、この作動音で気付くことができます。いつもと明らかに音の鳴り方が違ったり、音自体が変わっていたり、弱々しく途切れたりする様な場合は、すぐにディーラーか専門の工場・ガレージに持ち込んで診てもらうべきでしょう。(ちなみにモーター交換は約10万…)

 

助手席側から運転席に乗り込む場合

駐車場などスペースの都合で、助手席側から乗り込んだ場合はデュアロジックの油圧ポンプは起動しません。(モーター音が鳴りません)これは注意が必要な点です。

路肩に停車していて乗り込む際なども、交通量が多かったりすると助手席側から入ったりする事もあると思いますが、そういった時は、運転席側のドアを一度開けばモーターが動き始めるので(少しでもドアを開けばOK。動き出します)、きっちりポンプの起動を確認してからキーを捻りセルを回してエンジンを始動させましょう。

 

また、バッテリー負荷の軽減のためにも、デュアロジックのポンプが起動し終わるまではじっくり待つべきでしょう。バッテリーについては別の記事にまとめてありますが、

やはりパソコンに例えるなら、ウィンドウズとかのOSが開いた直後はスタートアップのソフト(セキュリティソフトとか)がいろいろ裏で動いていて重いですよね。さらに同時にネットに繋ごうとしようとしても開かなかったり、ひどいとフリーズしたりしますものね。

これはフィアット500やパンダに限らずですが、現代の自動車はいろんな事に電気を使っていますから、特に始動の時は、できるだけ電力を消費する機能を絞り込んだ方がバッテリーに優しいです。

 

※この記事は現在 加筆中です※

 

-デュアロジック, 新型フィアット500, 故障 トラブル 修理, 整備 メンテナンス, 良い所 / 悪い所, FIAT全般
-, ,

Copyright© cinquecentista , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.