新型フィアット500 MT マニュアルミッション ツインエア TwinAir 限定車 / 特別仕様 / カラー FIAT全般

新しいマニュアル フィアット限定車「500S Manuale マヌアーレ」MTツインエアのチンクエチェント エス!

投稿日:2018-06-04 更新日:

FIAT500S Manuale(マヌアーレ)は『5速マニュアル+ツインエア』という理想的な組み合わせのMT車です♪ マットなアルペングリーンと爽やかイタリアンブルーのボディカラーで100台限定のスポーツモデル500Sとして登場! 専用バンパーやエアロパーツ、アルミホイール等、装備も充実です。

イタリア語の「マヌアーレ manuale」は、「自ら操る」という意味で、読んで字の如くマニュアル車を指す言葉でもあります。ご存知の通り、イタリア本国をはじめヨーロッパ諸国は今もなお「マヌアーレ」車が主体のクルマ社会で、ATである「アウトマティカ automatica」つまりオートマ車が主流の日本市場とは大きく異なる背景を持っていますね。

ちなみに500S(チンクエチェント・エス)には、オートマティカ500S Automatica)というデュアロジック版の限定車もあります。

 

ボディカラーは、アルペングリーン・マットメタリック(60台)と、イタリアブルー・メタリック(40台)の2色が設定されている『500S Manuale(マヌアーレ)』。

足回りは、ダークグレーの15インチアルミホイールを採用しています。日本に正規導入されているMTチンクは、スポーツモデルである500Sとなるため、前後のバンパー形状もややアバルト寄りで精悍なデザインです。

 

サテングレー仕上げのアクセントライン、随所のメッキパーツもマット・メタリックで引き締まった印象。リップスポイラーやサイドスカート、リアウィングなど、通常の新型フィアットとはまた違った攻撃的なエクステリアを持つ500Sなのですが、エンジン性能は変わらず、875cc直列2気筒ターボのTwinAirエンジンです。(※特にスポーツ・スイッチがあるわけではない)

以前に別の記事でも少し触れましたが、ツインエア+MTの組み合わせは、個人的にはベストの組み合わせのチンクエチェントと考えているのですが、


ノーマルの可愛い顔立ちのMTチンクの方がキャラに合っているかな、とは思っています。日本の正規ルートで入手できるマニュアルFIATは基本的には500Sオンリーなので、そこがちょっと残念。(※過去の限定車に1.2MTやTwinAir Sport Plusなどの希少種はあります)



唯一無二な個性を持つツインエアから、躍動的なドライビングフィールを引き出せるのは、やはりマニュアルならでは。ドライバーの手腕を介在させることで、デュアロジックを上回る疾走感、スポーツマインドを体現できると言えるでしょう。

欲を言えば、500S(SはスポーツのS)のラインナップで外観やエアロを整えるのであれば、エンジン性能も100psのハイパワー型ツインエアを採用してくれればベストなのでは…とも思ってしまうのですが、まあ、コスト面やABARTHとの差異化を考えれば仕方ないのかもしれませんね。(ユーザーはわがまま)ちなみに価格は、そうは言っても、それなりにします(笑)

吊るしのノーマル500でマニュアルに乗りたい人は、並行輸入車のMTを中古で探しましょう。ただ、左ハンドルですし、正規ディーラーでは(基本的に)メンテナンス対象外。ちょいちょい部品も日本仕様で入ってきてるモノとは違ってたりするので、維持費やリスクの面では不利なので覚悟は必要です。(オーナーとしての経験談です)

 

 

ま、なんだかんだ言いつつも『500S Manuale』は超カッコイイですけどね! 15インチ5ダブルスポーク・アルミホイール(185/55R15タイヤ)と、車高を落とし気味な(※見た目)サイドスカートで、安定的なスポーツフォルムを表現。

  

インテリアは、ボディカラーに応じたアクセントカラーをあしらった500S専用のファブリックシート。通常はボディ同色のインストゥルメントパネルも特別仕様で、500エンブレムも赤です。

 

黒のレザースポーツステアリングホイールなど、内装もアイボリー主体の通常版とは異なりスポーティに引き締まった色調ですね。シフトノブもクロームメッキを施して凝った作り。ただ、フィアット500のMTシフトノブは、なぜかデカい球状で正直なところ操作性はよろしくないです。(握り心地のタマタマ感はキライじゃないのですが笑)


僕個人としては、TRINO BLACK(トリノ・ブラック)などの掴みやすいアルミシフトノブに換えたりがお勧め。重量が増してクリック感も出るので。(テコの原理です)

イタリア車好きなドライバーの心をくすぐり高揚させる、フィアットらしい遊びのクルマですよね。いや、コレ、欲しくなっちゃいますもん(笑)あいかわらず限定車を次々に投入するFCA(フィアット・クライスラー)の日本戦略が止まりません。

右ハンドルMTということで、左足まわりのクリアランスが取れず、ドライバーさんの体格によっては少し窮屈になるかもしれませんが、走りの楽しさという点でまったく気にならないかと。


マニュアル・ツインエア。めっちゃ面白いですよ♪

gigi

 

<車両概要>

【モデル名】 Fiat 500S Manuale
(フィアット・チンクエチェントエス・マヌアーレ)
【ボディカラー】 アルペングリーン・マットメタリック(60台)
イタリアブルー・メタリック(40台)
【販売台数】 限定100台
【専用装備】 500S専用エクステリア/インテリア
15インチ5ダブルスポーク アルミホイール
【メーカー小売価格】 2,390,000円 [税抜 2,212,963円]
【主な仕様】 エンジン:直列2気筒8バルブ マルチエア
インタークーラー付ターボ
排気量:875cc
燃費(JC08モード): 26.6km/ℓ
最高出力: 63kW(85ps)/5,500 rpm [EEC]
最大トルク: 145Nm(14.8kgm)/1,900 rpm [EEC]
トランスミッション:5速マニュアル
ハンドル位置:右

-新型フィアット500, MT マニュアルミッション, ツインエア TwinAir, 限定車 / 特別仕様 / カラー, FIAT全般
-, , , ,

Copyright© cinquecentista , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.