次期フィアット EV 最新型 フィアット パンダ

2020最新型はフィアット初のハイブリッド!500とパンダのEV電気自動車モデルはいつ発売?

投稿日:

いよいよフィアット500と兄弟分のフィアット・パンダがハイブリッドで登場!

同じく2020年中にはお披露目される予定のEVフィアット、完全な電気自動車モデルの最新型500e(チンクエチェント・イー)に先行する形での発売が決定しています。昨年2019年に創業120周年を迎えたFIATブランドの新しい展開はますます加速度的でうっかり目を離してられませんね!

ドイツの試験場で撮影されたEVチンクエチェントのプロトタイプ最新画像もつい先日に話題となったばかりです。

 

フィアットの電動モデルが中心的なラインナップとなるのは今回が初めて。欧州車メーカーとしては少し出遅れていた感はあったものの、ひとたびスイッチが入ってからの流石のスピード感はイタリアらしいなぁ~と思います(笑)

2020年の2月と3月に発売開始を予定しているとされる次期フィアットの最新型モデルは、CO2排出量を最大30%削減するとするマイルド・ハイブリッドのパワートレインを搭載した次世代モデルです。

電気自動車のEVフィアット「500e」は、既に試作的に北米市場のみで販売されていた経緯がありますが、電動アシストを採用したハイブリッドカーはフィアット初!

1.0リッターの3気筒エンジンにリチウムイオン・バッテリーによる12Vベルト駆動電気モーターの組み合わせとなります。ベルトと一体型となるスターター・モーターがエンジンに取り付けられ、ブレーキ中と減速中にエネルギーを回収するシステム。(このエネルギーをエンジン再始動時に使用して加速を支援)

このハイブリッド・パワーユニットは、最高出力70hp(51kW) / 6,000rpm、 最大トルク92Nm / 3,500rpmを発生とのこと。現行型と比較すると直列4気筒ファイアエンジンの1.2リッターに近いパフォーマンスです。

エンジン単体としては70kg以上も軽いそうで、搭載位置を45mm下げて重心を落としています。

 

トランスミッションは6速のマニュアル・ギアボックスが採用されていますが、日本導入モデルがどうなるかは興味深いですよね。MTは現実的にないでしょうけど、従来どおりのデュアロジックなのかはたまたトルコンATか。

本国イタリアでは郊外型の運転での燃費改善を想定してギア比を最適化した6速とのこと。FCAによると、先述のとおりバッテリー搭載位置により重心を低く最適化し、これまでのモデル以上に運転性・ハンドリングが向上されているそうです。

また、29km/h未満でギアボックスをニュートラルにシフトすることにより、エンジン・オフ状態のままでの走行が可能。

 

2020年に予定されていたフルモデルチェンジはEV車デビューのタイミングとなるようですね。発表されているビジュアルの通り、500もパンダも、マイルドハイブリット型のデザインは従来型の踏襲となっています。

 

ローンチ・エディション設定となるマイルド・ハイブリッドの500とパンダには「H」のロゴが配されます。

 

Seaqualファイバーのインテリアが特徴的。シークエル・ファイバーとは海などに捨てられたプラスティック・ゴミをリサイクルして作られる素材だそうです。

 

今後デビューが予定されているフィアットのモデルには、エステート・ワゴン版のフィアット500 ジャルディニエーラ(旧車でもおなじみGiardinieraの現代版!?)、コンパクトSUVのフィアット500X(エックス)の名が挙がっていますが、新しい情報はまだ出てきていません。

気になるのは、ハイブリッド&EVモデルの登場で現行型は買えなくなるの?ということ。

日本には未導入ですがディーゼルエンジンは廃止が決まっていますし、どうやら2気筒ターボエンジンのツインエア(TwinAir)もカタログ落ちの予定だとか…。EV電気自動車モデルの500eやパンダが本格的に投入されていくと、さほど遠くない将来にはガソリン・ファイアエンジン単体のモデルは生産終了となる流れなのかな、と。(ちょっと淋しいですけどね)

昨年2019年にEVパンダのコンセプトカー『チェントヴェンティ Centoventi』が発表されたジュネーヴ・モーターショーで、今後の次期フィアット車の展開を示唆するアプローチが行われると予想されています。EVフィアットは生産開始が確定しているので、いよいよ発売も秒読み段階となっている2020年なのです。

 

※この記事は加筆中です※

-次期フィアット EV 最新型, フィアット パンダ

Copyright© cinquecentista , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.