フィアット500(2007) フィアット・パンダ FIAT全般

ポーランド工場で生産されるフィアット500(チンクエチェント)

投稿日:2011-10-14 更新日:

ポーランドのティヒにあるFIATグループの工場は、ワールドクラスマニュファクチャリング(WCM)ゴールドレベルを達成しています。WCMは、安全性から環境、メンテナンス、ロジスティクス、品質に至るまで、製造工場とプロセスの統合管理に関する世界最高水準の1つです。

 

1975年に操業を開始したティヒ工場には、長年にわたって大規模な投資が行われ、現在では世界で最も先進的な自動車工場の1つとなっています。

現在の生産には、FIAT 500、Abarth 500、Chrysler Ypsilon、FordKaが含まれます。1.3MultiJetディーゼルエンジンと0.9TwinAirガソリンエンジンを生産するポーランドのBielsko-Bialaの工場も、昨年ゴールドレベルを達成。

WCMは、世界をリードする多くのメーカーに採用されています。この方法論は、安全性、品質、保守システム、ロジスティクスの最適化、ワークステーションの人間工学と組織化など、製造プロセスのすべての側面に対応しています。認定監査人は、達成された結果を定期的に評価し、各プラントを0〜100のスケールでランク付けします。

認定プロセスは、最終的なワールドクラスレベルに到達する前の3つの中間レベル(ブロンズ、シルバー、ゴールド)で構成。

 

2006年以降、ほぼすべてのFIAT工場が世界クラスの製造プログラムに参加し、58社がWCM協会から少なくとも1つの賞を受賞しました。これは、グループの産業活動が継続的な改善の過程を経ており、ますます高いレベルの競争力を達成していることを示しています。 

その他の最近の受賞者は、ほんの数週間前に受賞したトルコのブルサにあるTofas工場と、6月にWCMゴールドを受賞したイタリアのポミリアーノダルコにあるFIATグループ工場でした。

Fiat Poland Factory



-フィアット500(2007), フィアット・パンダ, FIAT全般

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.