新型フィアット500 MT マニュアルミッション アバルト ABARTH パーツ・オプション チューニング FIAT全般

左マニュアル FIATチンクの3ペダルにABARTH(左MT用)サソリ柄エクステンション流用!

投稿日:2018-03-17 更新日:

うちのMTチンクの3ペダルに、ABARTHみたいなペダルエクステンションを取り付けたいと思い、ネットであちこちFIAT純正パーツを探してはいたのですが、やはり国内では見つけられませんでした。ある日、オークションで、ABARTH500の左MT用のエクステンションは出品されてたのでダメ元で入手してみた次第です。

アバルト ペダルエクステンションアバルト ペダルエクステンション裏

 

ちなみに、左HD車の3ペダルを見つけるとなるとオークション中心に探すことになりますが、2ペダル用なら左も右もオフィシャルパーツで入手しやすいです。

カーボンルックもABARTHには格好いいですよね♪

アバルト車の場合、元からエクステンションは装着されているので、上のタイプの品に関しては大きさも近くモディファイの意味合いが強いかなと思います。もちろん、よりスポーティなものも社外品も含めて選択肢は多く、独自ルートで輸入されてるレア物もあったりと楽しい♪

 

一方、われらがフィアット500はアバルトよりもお安いですし、ディティールにそこまで費用を掛けられないのでペダルカバーは普通にラバー。

別に悪くはないけど、エクステンション付けるだけで立派なチューニングになります。やはり面が大きいだけで随分フィーリング変わりますし、厚みが増せばアクセルワークのサジ加減もしやすくなります。

フィアット500の丸いシートは、女性や背が小さめの方だと座面のヘリが脚にやや干渉する感じもあってか、踏み込みが甘くならざるをえない面もあるとか。うちの奥さんは身長152センチなのですが、そういうご意見を頂いた次第です。

 

さて、いろいろとネット上で画像検索をして、ペダル自体の形状はアバルトと同じか近いのでは…と結論付けて、ちょっとチャレンジではあったのですが、まあ、ダメなら加工すればいいか~くらいのノリで。

クラッチとブレーキのペダルには元々のゴム製ペダルカバー(どちらも同じ)が付いています。

まあ、アバルト500も車格は同じなのだから、たぶん流用イケるだろー。ポン付けがダメでも、工作すれば何とかなる範囲じゃないかな、と希望的観測でした。

 

よっしゃ、取り付け部分の形状一致。 ビンゴ!

 

面の幅が少し広めでわずかに余るので、安全のためガッチリ固定する必要はあります。3Mの両面テープと接着剤でフィッティングすれば問題なしでしょう。

 

手元に届いた時点で、アクセルペダルの形と角度の一致を確認済みでしたから、こりゃ大丈夫だな~と安心はしておりましたが、やっぱりキッチリ合うと嬉しいモノですなぁ・・

ガラスの靴がピタリと合った時の気持ちが、ちょっと分かった気はします。

アクセルペダルは、文字通りの生命線ですからキチンと接着します。ちゃんとシリコンオフで脱脂して、車用のスーパーなんちゃらXとかの超強力なやつで。

 

斜めにニョキっと生えてるアクセルに、エクステンションを被せることで見事に横一列に並びます。

こういうデザインされてます感は好き♪

 

ひとまわり大きい蠍入りのフットレストはやけにカッコ良く、いっそ部屋に飾りたい気も・・。元々付いてたプレートを外すのに、フロアマットを剥がさないといけない様相で、ちょっと本気で考えかけたけど使ってナンボですからね~

 

とりあえず上に重ねて貼り付けました。 両面テープで充分。

 

装着のチェックも兼ねて、本付け前に何日かテストドライブして感覚的にも確認しましたが、なんとなーく、クラッチペダルについては左足裏に違和感が気になって・・厚みがある分なのか、単に慣れの問題なのか、なんだかフワフワっとして、繋ぎの感覚が掴みにくい感じで~・・

クラッチだけ元のカバーに戻そうか?とも考えましたが、結果的には、ただの杞憂でしたね。というか、はめ込みが甘いだけでした~ (すみません)上の方がわずかに浮いていたので、そりゃフカフカするわけです。キッチリ取り付けて、ガッチリ固定してあげれば、フィーリングも万事OKでした。

何はともあれ、ペダルに蠍マークが付いてるだけでも、なんとなーく速くなった気分になるので、安価なチューニングかも?

この度はチャレンジ成功ということもあり、大満足。

ただ、アバルトであっても右ハンドル用と左ハンドル用では異なる?という情報もあり、無責任に流用は勧められませんので、検索ヒットでご覧の方も自己判断で楽しんで下さいませ。(例えば500Sにアバルトの右用が合うかとどうかは分かりません)

ディーラーさんや専門のショップさんを通すのが安パイ、というのは前提です。

-新型フィアット500, MT マニュアルミッション, アバルト ABARTH, パーツ・オプション, チューニング, FIAT全般
-, , , , , ,

Copyright© cinquecentista , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.