新型フィアット500 アバルト ABARTH パーツ・オプション チューニング 限定車 / 特別仕様 / カラー イタリアの車 バイク FIAT全般

メイク ユア スコーピオン!ABARTH 595を独自カスタマイズで手に入れろ!チャンスは年に一度のサソリ座☆

投稿日:2018-11-08 更新日:

 


メイク・ユア・スコーピオンとは…

サソリでおなじみ『Abarth アバルト』の創始者たるカルロ・アバルトの誕生日と星座(11月15日生まれのさそり座)にちなみ、毎年この時期だけの期間限定で実施されるカスタマイズ・プログラム!

アバルト595シリーズのボディカラー、インテリア、シートやブレーキキャリパーなど各パーツの色を自由に選択して受注生産してもらえるという、まさに"Make Your Scorpion"〔自分だけのスコーピオンをつくろう〕の名にふさわしい、蠍オーナー泣かせ(嬉し涙の方ね)の粋な企画です。

うん、実にアバルトらしい。

毎年この時期を待っているサソリ党は多いことだろう…

 

なーんて、エラそうなことを言ってますが、スミマセン、つい最近まで知りませんでした(笑)

アバルト熱にヤラれてるの、特に今年(2018)になってからなんですよね、ボク。もっぱら875(…と勝手に呼んでる)TwinAir ツインエア乗りなもので。THREEHUNDREDさんのアバルトミーティングがモロにきっかけでしたね。ちょっとヤバイくらい本気で欲しくなっちゃった。

んで、7月の富士山麓でのフィアットバースデーの時にもアバルト595を試乗して、こりゃコンペ(Competizione)もちゃんと乗ってみないとな!ということでディーラーさんに行った時に出会ったコイツ。

アバルト・コンペティツィオーネ・ビコローレ!!

アバルト595 コンペティツィオーネ ビコローレ

まさに「メイク・ユア・スコーピオン」で仕立てられた絶品のサソリ。いや、痺れました… 本気で全てを投げ売ってでも買おうと思ってしまった…

 

そんな経緯(いきさつ)もありまして、ますますABARTHに前のめりに成りつつですが、まあ今はイベントに行ったり、せいぜいここにアツい文章を綴るくらいに留めて、最愛のツインエアMTに心血を注ぐ日々に戻っております。

浮気してゴメンよ…(→マイチンク)

まあ、青山での『アバルトデイズ ABARTH DAYS 2018』には行っちゃいますがね!

 

2018年度のメイク・ユア・スコーピオンの概要はこちら↓

  • 11月15日から12月16日に期間限定で展開されるカスタマイズ・プログラム
  • 合計で21,800通り以上の組み合わせが可能
  • ウェブサイトで仕上がりを確認できるカーコンフィギュレーターを開設

事実上のオーダーメイドとなるため、納車は発注から半年後となるそうな。つまり、今年に関して言えば2019年5月以降まで待ち遠しい日々が続くわけですが、まあそれも醍醐味ってコトで♪

595シリーズ全モデル「595」「595/595Cツーリズモ」「595コンペティツィオーネ」を対象に実施される「Make Your Scorpion」では、期間中、通常はカタログでは選択できないボディカラーやパーツの色も選択可能です。


選択できるボディカラーは、「595」では通常の3色から10色に!「595ツーリズモ」では4色から15色に!「595Cツーリズモ」では5色から12色に!「595コンペティツィオーネ」では5色から15色に!選択肢が大幅に拡大です。

また、インテリア、ブレーキキャリパー(595を除く)、及びソフトトップ(595Cツーリズモ)の色も自由に変更することができるようになり、その結果、合計564通りの組み合わせが可能となるという。さらに、デカールやミラーキャップ、ブレンボ製ブレーキやレコードモンツァ(スポーツエキゾーストシステム)といったアクセサリーも含めると、合計21,800通り以上の組み合わせが可能となるのだ!

アバルト公式HPの「Make-Your-Scorpion」特設サイトにおいて、カーコンフィギュレーターを利用して、オンラインで自宅にいながらボディカラーやインテリアカラー、各パーツカラーの組み合わせをじっくりと確認しながら、自分好みの仕様をつくりあげることができるという堪らない企画です♪

さあ、この機会に自分だけのサソリを手に入れよう!

-新型フィアット500, アバルト ABARTH, パーツ・オプション, チューニング, 限定車 / 特別仕様 / カラー, イタリアの車 バイク, FIAT全般

Copyright© cinquecentista , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.