次期フィアット EV 最新型

次期フィアット500の最新型EVモデルが2020に生産開始!ミラフィオーリで電気チンクエチェント誕生!

投稿日:2019-07-13 更新日:

1899年のFIAT創業から120周年にあたる2019年も半ば、次期フィアット車の最新型モデルをめぐる動向はひじょうに活発で、かつ、日に日に現実的な展開がなされています…!

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)は7月11日、FIATのお膝元であるイタリア・トリノのミラフィオーリ工場にEV・電気自動車の新生産ラインを設けることを発表! 翌年2020年の第2四半期(4~6月)から、次期フィアットを担う最新モデルとなる『EVフィアット500(チンクエチェント)』生産開始の計画が明言されました。

これは、数年後には「電気フィアット500」が街を走り始めることを確定づけるニュースですね!

公開されたEVフィアット500の製造ラインに設置されるロボット

2019年末までに最初のプレシリーズモデルの製造が予定されているそうです。そして、どうやら2020年3月のジュネーブモーターショーでは、新モデルの電気自動車・EVフィアット500がお披露目されるようです。

トップの画像は、2012年に発表・販売(北米のみ)されている最初のEVチンクエチェントである『500eチンクエチェント・イー)』です。

このEVモデルを踏襲する形でリリースすることになるのかは不明ですが、当時のCEOだった故セルジオ・マルキオンネ氏は「500e」のコスト面での課題を口にしてましたね(赤字だから買わないで笑と冗談めかしながらEV化路線には否定的なコメントを出していたけど、ライバル牽制の戦略だった可能性も否定はできない)

当時物の500eは、1回のフル充電での航続距離が最大約140kmとのことで短く、いわゆる「電費」はまだ改善すべき課題の一つでしたが、2020年の最新版のスペックは全く不明。

今年のジュネーブモーターショー2019でEVフィアット・パンダのプロトタイプ『Centoventi チェントヴェンティ』も発表されたばかりですし、水面下でのプロジェクトはどんどん進められてるということですね~!

 

フィアット500&アバルトストーリー―21世紀に甦ったイタリアの奇跡

フィアット500&アバルトストーリー―21世紀に甦ったイタリアの奇跡

相原 俊樹
5,280円(11/15 06:38時点)
発売日: 2019/08/01
Amazonの情報を掲載しています
E MAGAZINE VOL.2 (NEKO MOOK)

E MAGAZINE VOL.2 (NEKO MOOK)

897円(11/15 11:45時点)
発売日: 2019/03/30
Amazonの情報を掲載しています

■7億ユーロの総投資、年間8万台のEV生産能力

FIAT トリノ ミラフィオーリ工場 Milafiori

しかも、エレクトリック・チンクのための新生産ラインは『ミラフィオーリ Milafiori』という胸アツ展開なのです。フィアット500シリーズは歴史あるトリノのミラフィオーリ工場では生産されていませんでしたから感慨深い…!

フィアット誕生から120周年、そしてトリノ・ミラフィオーリ工場が80年の歳月を重ねた2019年に、同工場での500復活が発表されることとなったわけです。(※近年ではアルファ・ロメオMiTo、マセラティ・レヴァンテを製造)

しかも最新型となるEV生産ラインを新たに設けるという粋な決定。まあ、実にイタリアらしい伊達っぷりですが、いちいちやることがニクイね!(こういうセンセーショナルなの、本当に上手いよなぁ)

もちろん演出を狙っただけでなく、フィアットとイタリアの誇りを未来に繋げる意味合いも強調されています。イタリア車は「メイド・イン・フィアット」であり「メイド・イン・トリノ」であるという原点。FIAT車の誕生したピエモンテ州・トリノの街の豊かさに貢献し、革新する決意の現れでもあるのかもしれません。従来、イタリア人は郷土愛がひじょうに強いですからね。

グローバルな世界的自動車メーカーとして拡大しきって、再びイタリアに戻るという流れは個人的に好印象です。それも、新しい電気自動車(EV)となるエレクトリック・フィアット500(チンクエチェント)のプラントをプロジェクトの頭に持っていき投資するという、ミラフィオーリ再生のストーリ―はとても面白いと思います。

フィアット―イタリアの奇蹟に挑んだ企業

フィアット―イタリアの奇蹟に挑んだ企業

マリ・フランス ポクナ
発売日: 1993/05/01
Amazonの情報を掲載しています

新ラインの生産能力は年間8万台とのことですが、電気自動車・EVモデルの需要が予測より高まるようであれば、数を増やすことが可能とされています。そして、7億ユーロの総投資により、約1,200人が次期フィアット500のBEV(バッテリー電気自動車)が専念することになるそうです。段階を追ってFCAグループ下のその他の製品も続くという計画の模様。

 

■フィアット120周年の2019年は、2020年にかけて革新の年に!

つい先日には新旧フィアット500(チンクエチェント)の誕生日を祝う公式イベントの「フィアット・バースデーFIAT PICNIC 2019)」も開催され、たくさんの日本のFIATオーナー&ファンも歴史的なアニバーサリーを祝福したばかり。

そして本国イタリアでも、記念日に合わせたタイミングで今回の重大な発表がなされたわけです。

FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)の現CEOマイク・マンリー氏によってもたらされたニュース、Torinoミラフィオーリ工場でのEVフィアット500生産計画はかなりのビッグ・サプライズとなりました。

(まさかこんなに早い段階でチンクエチェントの電動自動車をラインに乗せてくるとは…!)

コンセプトモデルとして発表されている『Centoventi チェントヴェンティ』で示されたインスピレーションの実現にはまだ時間がかかるとは思いますが… 実際の所どうなんでしょう?

ミラフィオーリで製造されていたアルファロメオ・ミトの生産終了に伴い、今後のEVカー製造に向けて生産ラインを大きく変更していくことになりますが、EVフィアット500の投入により工場の稼働率は高められることになり、お膝元トリノでの雇用の確保にも寄与しそうですね。

エレクトリック・チンクエチェント(500 Elettrica)は、2020年3月のジュネーヴモーターショーでの発表に向けて準備に入っているでしょうし、商用車のデュカートもEV化を目指しているそうなので、かなり大忙しの120周年です。

さらに、既に展開が示唆されているフィアット車のハイブリッド化(マイルド・ハイブリッド)もEVと並行している状態です。

フィアット・パンダ、500X(エックス)500L(エル)を含む500シリーズ、そして開発が予定されているというエステートワゴン・タイプのジャルディニエラと、次期フィアットを支える最新型モデルは枚挙にいとまがありません。

 

2019年から2020年にかけ、次世代型のクルマ造りへと大きく舵を切るフィアットは、まさに伝統と革新が交錯する節目と過渡期を迎える重要な局面と言えるでしょう!

 

夢のトポリーノHybridも、いずれEV化するかもしれません(笑)

 

決定版 EVシフト

決定版 EVシフト

風間 智英
1,742円(11/15 13:01時点)
発売日: 2018/03/30
Amazonの情報を掲載しています

-次期フィアット EV 最新型
-, , ,

Copyright© cinquecentista , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.