限定車 / 特別仕様 / カラー

ビコローレ(bicolore)とは?紅白ツートンカラー!個性的すぎるフィアット500が日本デビュー

投稿日:2010-11-04 更新日:

ビコローレ(bicolore)は、イタリア語で「ツートンカラー」のことです。

Bicoloreは、“Bi-Color”(バイカラー)。”Bi”は「2つの」を表す接頭語なので、つまり言葉の意味としてビコローレとは「2トーンカラー」のことで、2色を意味するイタリア語です。コローレは英語でいうところのカラー。

フィアット500では、旧チンクエチェントの時代から上下のツートンで配色するビコローレ(BICOLORE)は、ちょっと個性的で、人と違うファッションを好むイタリアではけっこう人気のカラーリングなのです。

 

レッドとホワイトを大胆に配色!

限定50台で発売されたリミテッドカーの『500 ビコローレ』は、「1.2 POP」をベース車両とした、あまりに大胆すぎる紅白のコンビネーションカラーを採用。エクステリアはヘッドライト、ドアハンドル上部あたりから上をホワイト、下をレッドという配色。

ここまでコントラストの激しい2色を着こなせるのはイタリア車ならではですが、違和感を感じさせないところが流石のチンクエチェントでしょうか。ボンネットのカットライン下端から後方に伸びてボディを一周するキャラクターラインが走っていて、ビコローレではそのラインを巧みに使って赤と白のコントラストカラーを塗り分けています。

 

さらにインテリアも同配色でコーディネイトされています。

レトロモダンな雰囲気が絶妙にマッチ!

上がホワイト、下がレッドに配色された内装。ファッショナブルだけどポップな雰囲気が演出されています。

イタリア車ならではというか、日本車ではありえないボディカラーのアイデアですが、THEニッポンな紅白に目が釘付けになってしまいますよね!

 

価格はベース車+15万円の210万円。販売台数は50台限定です。

スタート&ストップ機能(アイドリングストップ)を標準装備。燃費としては燃料消費率10・15モードは19.2km/L。

↓似てます(笑)

 

【追記】2021.09.28

60周年を記念したリミテッドカー『500 60th』もクラシックなツートン・ビコローレ。

サソリのエンブレムが光るABARTHシリーズにも超かっこいいビコローレ!

アバルト595 コンペティツィオーネ ビコローレ

 

最新モデルのアバルト595の「メイク・ユア・スコーピオン」でオリジナル配色のBICOLOREをカスタマイズできます!

画像出典:FCA

 

 

余談ですが、シャネルにも「ビコローレ」というラインがあるそうです。

人気ラインのマトラッセと近いデザインとなっていて、特徴的なのはひし形のステッチ。フランス語では「ビコロール」となり、意味は同じく「2色」なのですが、イタリア語のbicoloreを呼称としているみたいですね。ビコローレラインは単色のレザーが使用されており、バイカラーのような2色使いになっているデザインではありません。

-限定車 / 特別仕様 / カラー

Copyright© cinquecentista , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.