ニューフィアット500 イタリアの街並みとFIAT車 FIAT全般

イタリア語の自動車用語集|クルマにまつわる言葉辞典【イタリア語/英語編】

投稿日:2015-10-16 更新日:

senso unico 車のイタリア語

イタリア語の嗜みがあるので、ふつうに生きてけるくらいは喋れますが、自動車のイタリア語となると専門用語なのでちょっと勉強しないとダメですね。道路標識なんかもそうです。(ちなみに写真のSenso unicoは一方通行。まあ、なんとなく分かりますけどね)

parcheggio 車のイタリア語

これは駐車場の看板。a pagamentoなので有料駐車場。1時間2ユーロ。以降30分毎に1ユーロ。安いですよね♪

 

d0343125_1859471.jpg



メーターパネルの表示言語は、やっぱりイタリア語の一択で!・・といっても、あまりしゃべりませんけどね(笑)

車イタリア語はよく分からないので、 『あ、こー言うのね。』 と一人納得して楽しむ用。

咄嗟の警告表示のときに意味が分からないと困る気もしますが、これはデフォルトの英語で言われたところで、たぶん分からないかな~?(逆に言えば、何語であっても大体の見当は付きそうですが)

 

d0343125_1859596.jpg



まあ、こちらの方が問題と言えなくもなく、うちの二代目ぱたぱたチンクは並行輸入車なので、マニュアルがイタリア語です。

難しめな専門用語はともかく、幸いおおよその意味は判別できそうですが、念のため「イタリア語小辞典」くらいは車載しておこうかな・・

読んでみれば面白そうだけどね。

 

日本語 アメリカ英語 イギリス英語 イタリア語
フロント・ガラス windshield windscreen il parabrezza
リア・ウインドウ rear window la lunetta
ワイパー windshield wipers windscreen wipers il tergicristallo
[i tergicristalli]
ボンネット hood bonnet il cofano
(anteriore)
トランク trunk boot il cofano
portabagagli
エンジン engine il motore
タイヤ tire tyre la gomma/
il pneumatico
パンク(したタイヤ) flat tire flat tyre la gomma a terra
ホイール(キャップ) hubcap il coprimozzo
バンパー bumper il paraurti
フェンダー fender wing il parafango
ナンバープレート license plate numberplate la targa
ウインカー blinker winker l'indicatore di
direzione
ヘッド・ランプ/ライト headlight il fanale (anteriore)/
[i fanali (anteriori)]/
il faro
[i fari]
ブレーキ・ランプ/ライト brake light la luce dei freni
[le luci dei freni]
スモール・ランプ/ライト(駐車灯) parking light sidelight la luce di posizione
[le luci di posizione]
テイル・ランプ/ライト tail-light rear light il fanale di coda
[i fanali di coda]
il fanale posteriore
[i fanali posteriori]
バック・ランプ/ライト back-up light reversing light la luce di retromarcia
[le luci di retromarcia]
ハザード・ランプ/ライト hazard (warning) light la spia
バック・ミラー rearview mirror lo specchietto
retrovisore
サイド・ミラー side mirror wing mirror lo specchietto
laterare
ハンドル (steering) wheel il volante
クラクション, ホーン horn il clacson
ギア gear shift gear stick il cambio
アクセル gas pedal accelator il acceleratore
ブレーキ brake il freno
ハンド・ブレーキ hand brake il freno a mano
ダッシュボード dashboard il cruscotto
運転席 driver's seat il sedile del
guidatore
助手席 passenger('s) seat il sedile del
passeggero
後部座席 backseat il sedile
posteriore
シート・ベルト seat belt la cintura di
sicurezza
ガソリン gas(oline) petrol la benzina/
il carburante
オイル oil l'olio

参照:http://www.eigo21.com/etc/italia/car.htm

 

意外と多い!イタリア語名の日本車

◆ トヨタ
プレミオ(Premio) =賞、表彰、プレミアム
パッソ(Passo) =一歩、足どり、ステップ
ポルテ(Porte) =(複数の)扉、ドア

◆ 日産
セレナ(Serena) =平穏な、晴れ渡った
フーガ(Fuga) =フーガ(音楽用語)、逃走、脱出
ムラーノ(Murano) =ヴェネツィアのムラーノ島

◆ スズキ
アルト(Alto) =高い

◆ ダイハツ
タント(Tanto) =たくさんの、とても
ミラ(Mira) =標的、照準

◆ スバル
ステラ(Stella) =星

かつて販売していた往年のクルマにも、イタリア語の名前はありました。

◆ トヨタ
コルサ(Corsa) =走行、レース
コロナ(Corona) =王冠
カリーナ(Carina) =かわいい
ビスタ(Vista) =景色、眺望、視界
アルテッツァ(Altezza) =高さ、高貴

◆ 日産
シルビア(Silvia) =女性の名
グロリア(Gloria) =栄光、栄誉
ラルゴ(Largo) =幅広い、ゆったりした

◆ ダイハツ
クオーレ(Cuore) =心、ハート、中心

◆ スバル
レオーネ(Leone) =ライオン

こうして列挙してみると、トヨタ、日産のイタリア語への傾倒が感じられる反面、
ホンダ、マツダ、三菱のクルマが見当たらないのが面白いところ。
それでも、かつてはイタリア語のクルマもわずかにありました。

◆ ホンダ
ドマーニ(Domani) =明日

◆ マツダ
ルーチェ(Luce) =光、光明
ペルソナ(Persona) =人、人格

●三菱自動車

ただし、ここで挙げた車名は、イタリア語に見られる名称について、その意味を表記したものです。
一部には、英語やスペイン語、フランス語などの同じ綴りをもつ単語から命名された車種がある
可能性がありますが、意味はさほど変わらないでしょう。

イタリア語の発音的には、「セレナ」は「セレーナ」に近く、「ステラ」は「ステッラ」、さらには
「ビスタ」は「ヴィスタ」としなければ、言語としては通じないことだけ補足しておきます。

自動車の名前は、アメリカ、イギリスといった自動車大国を追随する英語名であることが
多いですよね。
とはいえ、同じ生産大国のドイツを意識したドイツ語名がほとんど見当たらない中で、
イタリア語名が多用される傾向は注目すべきところです。

1980年代はじめの日本におけるスポーツカー・ブームで脚光を浴びた、アルファロメオや
ランボルギーニ、現在でもF1で活躍するフェラーリを産んだ国・イタリア。
その「運転を楽しむクルマ」への憧れがあるのでしょうか。

バールでも、今後そんな話もしてみたいと思います。
こうした日本のトレンドを知れば、イタリア人たちもきっと喜ぶことでしょう!

 

Sette(セッテ)はイタリア語で「7」という意味です。なんで7というイタリア語の単語を車名にしたのでしょうか。サイトを見てみると、、、、3列シートで7人乗りとあります。7人乗りだからSette(セッテ)なのでしょう。

考えてみると、日本車の車名は、けっこうイタリア語が使われています。挙げてみましょう!車名、イタリア語、語源(おそらく)の順番で書きます。

セッテ(トヨタ):Sette=7 →7人乗り
タント(トヨタ):Tanto=たくさん →容量の大きい車
エルグランデ(日産):El Grande=大きい →大きい車。スペイン語
カリーナ(トヨタ):Carina=かわいい →発音と意味から
ドマーニ(いすず):Domani=明日 →発音と意味から
コルソ(トヨタ):Corso=走る →発音と意味から
カプチーノ(スズキ):Cappucino →発音と意味から
クレスタ(トヨタ):Cresta=山の頂上 →発音と意味から

結構たくさんありますね~、びっくり!自動車各社で、車名というのは重要だと思います。なぜこんなにもイタリア語がつかわれるのでしょうか?

イタリア語の単語はフランス語と違ってはっきりした発音なので覚えやすく、発音しやすいから。あと、イタリア語は英語ほど意味が知られていないのでかえってよいのかもしれません。たとえば、「セッテ」は音がいいですよね、発音しやすい、そして意味も日本では知られていません。仮に英語のセブンにしてしまうと、意味がわかってしまうし、RX7とかと混同してしまうしあまりよくありません。

今後も発音しやすく、オシャレな感じのイタリア語の単語が車名として使われることは多いでしょう!

たとえば、Giorno(ジョルノ)=日、Poco(ポーコ)=少し、Piccolo(ピッコロ)=小さい、Bravo(ブラボー)=優れた、などなど。

-ニューフィアット500, イタリアの街並みとFIAT車, FIAT全般

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.