アバルト/ABARTH フィアット500(2007) フィアット・パンダ イタリアの車 バイク FIAT全般

フィアット500のデザイナー【ロベルト・ジョリート Roberto Giolito】現代のチンクエチェントを手掛けたマエストロ

投稿日:2021-09-30 更新日:

ロベルト・ジョリートは、自動車史に残る現代のデザイナーの1人です。

現代版のMultipla(ムルティプラ)や現行フィアット500(チンクエチェント)を手掛け、2004年ジュネーブ・モーターショーで発表されたコンセプトカー「トレピュウーノ」も彼の手によるもの。このプロトタイプを製作したとき、往年のアバルト500や600からもアイディアの着想を得たそうです。

トレピウーノ FIAT Trepiuno|ロベルト・ジョリートによるデザイン

ロベルト・ジョリートとは?

現代版フィアット500の生みの親 ロベルト・ジョリート Roberto Giolito

ロベルト・ジョリート(イタリア・アンコーナ生まれ/1962年11月10日)はイタリアの自動車デザイナーです。

フィアットでチーフデザイナーを務めています。ジョリートは、1989年よりフィアット・チェントロ・スティーレに加わり、初期の電気自動車プロトタイプに携わります。その翌年にはコンセプト・ミニバンのコンセプトづくりを開始。

2代目フィアット・ムルティプラ(1998年ニューヨーク近代美術館で展示)でも有名。

2002年にはフィアットグループのデザインセンター所長に就任し、2004年のトレピウノ・コンセプト(2007年に発表された新型フィアット500の前身)および近年のFIAT車のデザインを手掛けている事で広く知られています。

2008年にカーオブザイヤー、2009年にワールドカーデザインオブザイヤーに選ばれ、フィアット&アバルト(ABARTH)のデザイン統括へ。2016年以降は、FCAヘリテージの責任者を務めており、FCAのイタリアブランドの歴史的遺産の保護、宣伝、宣伝を担当しています。

 

Roberto Giolito 略歴

現代版フィアット500の生みの親 ロベルト・ジョリート Roberto Giolito

画像出典:FCAジャパン

 

2004 Trepiuno concept
トレピウーノ・コンセプト

出生 1962年11月10日
イタリア・アンコーナ
国籍 イタリア
母校 Istituto Superiore per le Industrie Artistiche
職業 カーデザイナー
デザイン車 ムルティプラ、トレピウーノ、フィアット500(2007~)、500L、パンダ、オッティモ

 



-アバルト/ABARTH, フィアット500(2007), フィアット・パンダ, イタリアの車 バイク, FIAT全般

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.