アバルト/ABARTH 限定車|FIAT/ABARTH

頭文字「F」な新アバルト「F595」が日本発売!気になる価格とスペックとは?

投稿日:2022-05-31 更新日:

 

イニシャル「F」の新モデル・アバルト「F595」

 

フィアット500の進化形がかつてのアバルト500であり現行のアバルト595/695シリーズですが、外観・スペック共にモータースポーツの血脈を取り込んだ「F595」は、特殊な形状のエキゾースト・パイプを備えています。

アバルト695 エッセエッセ・コレクターズエディション(EsseEsseCollectors Edition)の登場に続いて発表された「F595」という今までにない”数字”に、サソリ車好きの中二病的な部分がピンポイントに刺激されちゃいましたね!いやー、まいった(笑)

「F595」の車名の意味は、Fはフォーミュラの「F」で、イタリアとドイツのF4チャンピオンシップに由来するものです。このチャンピオンシップでは、シングルシーターのF4カーが1.4Tジェットエンジンによって駆動されています。

このNewアバルト「F595」に積み込まれているパワーユニットは、実際にF4を走っているレーシングカー「タツウス」に積載されている内燃機関とほぼ同一とされています(F4タツウスに積まれるのはアバルト500の1.4リッター4気筒T-JETエンジンに手を加えたもの)

アバルトの特別仕様車は、常に歴史的なオマージュに関連付けられる傾向にあるのですが、このたびの背景は創始者カルロ・アバルトの「フォーミュラ・イタリア」誕生から50周年であるという記念碑的な意味合い。

まあ、長い歴史を持つフィアット&アバルトなので毎年のように何かしらのアニバーサリーになってる気はしますが…笑

しかしそこはイタリアの誇る巨人FIAT

そして伝説ABRTH

ステランティス(Stellantis)となった今もなお類まれなブランド演出力は健在で、ビジュアル的にもひじょうにユニークな新機構を盛り込んできました。視覚的なファースト・インプレッションは特にサソリ車ファンの心を惹くものでした。

話題となった可変型スポイラーこそ備えませんが、アツイ視線を集めたのは独特なエキゾースト・パイプです。

https://www.abarth.it/

左右2本ずつの4本出しダブルマフラーが縦垂直に配置されています!

先に発表されたアバルト696エッセエッセは「アクラポヴィッチ」製ですが、このF595は「レコモン」こと「レコード・モンツァ」(Record Monza)です。

https://www.abarth.it/

1.4T-Jetエンジンからは165hpを発揮し、0-100km/hがおよそ7.3秒という”ホットハッチ”として充分すぎる加速力を持ち合わせるまさに”ピッコロ・モンスター”と言えるでしょう。

アバルト「F595」の最高速度は218km/hとのこと。

 

価格は24,390ユーロなので、そのまま日本円するとおよそ350万円弱でしょうか。

当然ながら輸入車なので、

最終的な日本での定価は

税込390万円

となります。

 

1971年、往年のカルロ・アバルトは、後進の若きドライバー達にレースの世界で生きてゆく道を示す意味合いも含め、アバルトのフォーミュラ・イタリアチャンピオンシップを創設。その50年後、アバルトの競争心そして闘志、スコーピオン・スピリッツは新しいアバルト「F595」として体現されました。

マシンの持つパフォーマンスと楽しさを、これからの若いオーナー達、そしてテクノロジーに惚れこむの生粋のサソリファン達に、EV電気自動車の時代を目前とした今なお伝えようとリリースの手を緩めません…!

この積極的なニューモデル攻勢、昨今の「セールス好調」の賜物かもしれませんが、次々とスペシャルモデルを発表しつつも売れてしまうのだから、今なお根強い人気に支えられていることの裏付けと言えるでしょう。

F595アバルトは2022年7月に日本発売!フォーミュラー4仕様のABARTHのスペックは?

-アバルト/ABARTH, 限定車|FIAT/ABARTH

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.