EV「500e」電気自動車

発売は6月!最新型EVフィアット500eが日本上陸!

投稿日:2022-03-25 更新日:

 

フィアットの新時代を告げる電気自動車『500e』がまもなく日本上陸。
『500e』に関する最新情報やフィアットの電気自動車の歴史など、注目のコンテンツをご紹介!

2022年、フィアットの電気自動車『500e』がいよいよ日本上陸!
それを記念して『500e』の知られざる魅力やまだ知られていない秘密
そしてサステナブルな活動をたっぷりご紹介
コンテンツや情報は順次更新
『500e』とフィアットのいまとこれからを、ぜひお見逃しなく

 

あと11日!フィアット「500e」まもなく日本上陸

3月25日(金)19:30頃、FIAT公式のツイッター、インスタグラム、フェイスブックで公開されたリール動画で、最新型フィアットのEV・電気自動車フィアット500eの日本上陸が告知されましたね!

なかなかに唐突だったので、

『おぉっ!?』

と、なりましたが(笑)
順当に2022年春の日本導入が決定!

 

FIAT公式ページに500eティザーサイト開設

オフィシャルサイトの画面にはカウントダウンの表示が…

11日後ということは、4月5日のデビュー!

 

SNSで発表ムービーと同時に告知されたのは、FIATオフィシャルページ内に「500e」(チンクエチェント・イー)の特別ティザーサイト開設のニュース。EVフィアットにご興味ある方はぜ訪れてみてください。

FCAジャパンの偉い人が、昨年2021年中の日本発売をほのめかしつつも実現せず、2022年に持ち越されていた案件でしたが… 遂に公式に確定情報が出たわけですな(^-^;

 

『500e TEAM CIAO』プレゼントキャンペーン

「500e チーム・チャオ」というプロモーションが展開されています☆

プレゼント企画では、フィアット『500e』についてのアンケートに回答すると限定オリジナルグッズが当たっちゃう!? 抽選で100名様なのでややハードルは高いかもしれませんが、記念にチャレンジしてみましょう♪

ちなみに、アンケート内容は…

●EV車を運転したことはございますか?
●「500e」以外で、購入を比較検討されている車両はありますか?
●比較検討されている車両はEV車でしょうか?

といった質問が用意されていて、フィアットの今後の日本市場でのEV展開を模索する様子が伺えます。

 

(※実施機関は3月25日から5月15日まで)

「500e」ロゴ入り、FIATオリジナルのオリーブオイル皿! かわいいですよね#^-^#

オリーブオイルを注ぐとお皿の段々でグラデーションに♪ 佐賀県伊万里市の有田焼だそうです。これは、フィアットが日本の伝統文化をさまざまカタチでサポートする『メイド・イン・ジャパン・プロジェクト』協力のもと製作されたもので、「日本のモノづくり」の継承のため、10年後の日本工芸のため、人と人、産地と産地をマッチングさせ、生産者への事業創造、販路拡大を支援するFCAの取り組みです。

 

『500e』の最新ニュース&イベントの展開

2021年9月22日、イタリア・トリノに誕生した 『500』に特化した2つの施設、

「Casa 500 カーサ・チンクエチェント」
「La Pista500 ラ・ピスタ・チンクエチェント」

についても紹介されています。

デジタルコンテンツ化された「バーチャル・チンクエチェント博物館」という側面も謳われてますよね。

旧フィアット・リンゴット工場再開発ビルを利用した施設に、旧チンクエチェントことNuova500のモックアップと電気自動車の『RED』が展示してあるチンクエチェントの博物館です。

 

また、コラボレーションモデルの500EVワンオフカーについても改めてピックアップされていました。これから次第にプロモーションの機運が高まっていく予感。とても楽しみですよね!

『500 ジョルジョ・アルマーニ』


 

『500 カルテル』


 

『B.500 MAI TROPPO by ブルガリ』


 

500EVの発売日は6月予定?価格は450万円?

告知で気になるのは、

『500eまもなく日本上陸』

…という書き方なんですよね。日本発売とは言っていないので、4月に発売するとは限らないということ。なので、もしすぐにでも欲しくても、まだ買えない可能性はあるかもしれません。

うっすら関係筋で小耳に挟んだのは、4月に正式プレスリリースが出るという話。

発売日は6月らしい(仮)

定価はおよそ450万円ほど(仮)

この価格表によるとユーロで€25,000が一番下のグレード。

2万5千ユーロは、いまGoogle先生によると大体335~340万円ほどですから、まあ確かに日本に持ってくれば普通に400万円を超えてくるのは自明。なかなかビックリする値段ではありますが、EVの相場はまだまだ高いのが実情です。

英国ポンドでもやはりユーロと同程度でした。

気になるお値段!最新型フィアット「500e」の価格は?EVチンクの日本発売は2022年6月予定

実際、なんだかんだ言っても現行500(ガソリンエンジン車)より遥かに高いプライスになるのは当然なわけで、日本でも補助金など適用したとしても60万円くらいだそうなので、実費は400万円前後となる模様。アバルト595のコンペティツィオーネと同程度と捉えておけばよいのではないでしょうか。

まだまだ日本は電気自動車のインフラ整備が充分とは言えない(というか、全然進んでないに等しい)現状ですし、ちょいちょい噂で耳にするリース販売も始まるような気はしますね~

日本でフィアット500EVに乗るのはまだ早い!?2022年に発売の電動チンクエチェントはいつ買うべき?

 

ハイブリッド車は来る?フィアット500&パンダ

現時点では500ハイブリッドおよび、PANDAハイブリッドの日本市場デビュー予定は報告されていません。

おそらく通常ラインナップされることは…ない?

-EV「500e」電気自動車

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.