アバルト ABARTH サソリの車 限定車|FIAT/ABARTH FIAT全般

丑年2021に猛牛アバルト登場!僅か20台の限定車ABARTH695『アンノ・デル・トロ Anno del Toro』

投稿日:2021-01-14 更新日:

Toroはイタリア語で牡牛(雄牛)という意味の言葉です。読み方は「トーロ」もしくは「トロ」となります。英語で言うところのbull(ブル)です。そう!RedBullレッドブルの「ブル」ですね。強そうでしょう?笑

ちなみに、星占いによると牡牛座と蠍座の相性は「運命的で」「激しく」「深い」ドラマチックな関係だそうです。(おおっ!)

イタリア車のラリーがお好きな方なら「トロフェオ」(Trofeo)という言葉をご存知でしょうし、特にレースに詳しくなくともイタ車界隈では何となーく耳にすることもある自動車用語ですが、こちらのトロフェオは牛関連ではなくイタリア語で「トロフィー」の意味です。(FIAT Cinquecento 900 Trofeoという有名なサソリマークのラリー車がありますね~♪)

Anno del Toroという、まんま『丑年』というモデル名のアバルト695限定車ですが、もしかしたら「トーロ」を「トロフェオ」に掛けているのかもしれませんね。

 

・アバルトの往年のレースモデルにオマージュを捧げる限定車
・走行時の安定性を高める大型リアルーフスポイラーを装備
・専用デザインのアルミホイールや機械式LSDを採用

FCAジャパン株式会社(本社:東京都港区、社長:ポンタス・ヘグストロム)は、Abarth(アバルト)の高性能モデル「595 Competizione(コンペティツィオーネ)」(左ハンドル・MT)をベースに、大型リアルーフスポイラーをはじめとする数々の特別装備を付加した限定車「695 Anno del Toro(アンノ デル トーロ)」を設定し、2021年1月14日(木)より、特設サイトを通じて予約受付を開始します。メーカー希望小売価格(消費税含む)は、4,290,000円です。

「695 アンノ デル トーロ」は、イタリア語で「丑の年」を表す「Anno del Toro」を車名に取り入れた20台限定の特別モデルです。モータースポーツに情熱を注ぎ、自由な発想から数々の刺激的なモデルを生み出した創始者カルロ・アバルトのクルマ作りの哲学が反映されています。

エクステリアにおける最大の特徴は、走行中に車体を安定させる効果を生み出す大型のリアルーフスポイラーです。このリアルーフスポイラーは、フィアット600をベースとする’60年代のコンペティションモデル、フィアット・アバルト1000TCRにインスピレーションを受け、それに現代風の解釈を加えたものです。ウイングの角度は最大60度まで調整可能で、速度域に応じてダウンフォースの強弱を設定できます。

エクステリアカラーには限定車専用のBlu Podio(ブルー)を採用し、ルーフにはチェッカードパターンを施しています。さらにオーバーフェンダーやサイドシルはグレーとし、コンペティションモデルの雰囲気が演出されています。さらに前後のエンブレム、およびホイールセンターキャップ、ステアリングホイールには、ビンテージタイプのロゴバッジが採用されています。

足回りには17インチ12スポークのアルミホイールを装着。またフロントディファレンシャルに、コーナー立ち上がり時の加速性を向上させるメカニカルLSDが搭載されています。

アバルトのコンペティションモデルの血筋を受け継ぐ熱い走りを、サーキットと公道の両方で楽しめる「695 アンノ デル トーロ」。走行性能と共にルックスにもこだわることで、特別な個性を求めるお客様に相応しい1台に仕上がっています。

なお当限定車では、595 Competizione(最高出力180ps)の左ハンドル・5速マニュアルトランミッション仕様をベースとしており、装備はベース車に準拠します。販売台数は20台限定で、お申し込みは特設サイトにて受け付け、応募多数の場合は抽選にて決定させていただきます。

※詳細は巻末の主要諸元・装備表と併せ、商品サイトをご確認ください
URL: https://www.abarth.jp/limited/695-annodeltoro/

-アバルト ABARTH サソリの車, 限定車|FIAT/ABARTH, FIAT全般

Copyright© cinquecentista , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.