新型フィアット500 限定車 / 特別仕様 / カラー

旧チンク風ニューチンク!Nuova500のオマージュ『Vintage ヴィンテージ』はクラシックなFIAT限定車

投稿日:2015-09-05 更新日:

クラシカルな旧フィアット500に寄せたデザインが魅力の『Vintage ヴィンテージ』。数ある限定車の中でも、個人的には一番と言えるくらい好みなモデルです。(コレは正直ほしいと思った…)

旧チンク、オールドチンク、クラシックチンク、2代目チンク…etc.

その呼び名は様々あれど、やはり旧車の”チンクエチェント”に対する憧れは、新型フィアット500への愛とはまた別物なのです。

 

  • Fiat 500の原点である「NUOVA 500」へのオマージュとして創られた限定車
  • 2015年のジュネーブモーターショーにてお披露目されたグローバル展開の限定車
  • 随所のヴィンテージエンブレム、専用デザインのホイールなどが特別感を演出

フィアット500の限定車『Fiat 500 Vintage チンクエチェント・ヴィンテージ』は120台、2015年9月5日(土)に日本のフィアット正規ディーラーで発売。「Fiat 500 TwinAir Lounge」がベース車両となっている「Fiat 500 Vintage」です。

最大の特徴は、Fiat 500の原点ともいえる「NUOVA 500(ヌオーヴァ チンクエチェント)」へのオマージュとして創られたモデルである点です。

2015年3月の第85回ジュネーブモーターショーにてお披露目された、旧チンク風ニューチンク『Vintage ヴィンテージ』は、会場でもとても注目度の高かったグローバル展開の限定車。

 

フロント/リアバンパー、アロイホイール、ステアリングホイールなど随所に光るヴィンテージタイプのエンブレム、淡いブルーのボディとホワイトのルーフがNUOVA 500が愛された1957年当時を彷彿とさせます。

 

内装には、イタリアのラグジュアリー家具ブランド「ポルトローナ・フラウ」による専用レザーシート(ブラウンレザー/アイボリー)を採用し、ダッシュボードパネルは通常ボディと同色のところ、ホワイトを設定して特別感を演出しています。外装にはさらに、ホワイトミラーカバー、専用の16インチのアロイホイールを装着しています。

 

車両概要
【モデル名】 Fiat 500 Vintage(フィアット チンクエチェント ヴィンテージ)
                   ボディカラー:ブルー ヴォラーレ/ホワイト(ルーフ)
【販売台数】 全国限定120台
【全国メーカー希望小売価格(税込)】 2,678,400円 [税抜 2,480,000円]
【主な仕様】  
                   [排気量]  875cc
                   [エンジン]   直列2気筒8バルブ マルチエア インタークーラー付ターボ
                   [燃費(JC08モード)]  24.0km/ℓ
【最高出力】 63 kW(85ps)/5,500 rpm [EEC]
                  <ECOスイッチON時:57kW (77ps)/5,500rpm [EEC]>
【最大トルク】 145Nm(14.8kgm)/1,900 rpm [EEC]
                  <ECOスイッチON時:100Nm (10.2kgm)/2,000rpm [EEC]>
【トランスミッション】 ATモード付5速シーケンシャル(デュアロジック)
【ハンドル位置】 右

-新型フィアット500, 限定車 / 特別仕様 / カラー

Copyright© cinquecentista , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.