アバルト ABARTH サソリの車

サソリ・マークの車『アバルト ABARTH』を自分好みにカスタマイズ!Make Your Scorpion 2021

投稿日:2021-04-13 更新日:

"]"]make your scorpion メイク・ユア・スコーピオン ABARTH

 

自分好みの、サソリを手に入れろ

 

ABARTH(アバルト)の高性能コンパクトモデル「595」シリーズを対象に、2021年4月13日(火)から5月31日(月)までの期間限定で、ボディカラーやシートカラー、各アクセサリーパーツの色を自在に選択し、自分だけの1台を創り上げることができるカスタマイズ・プログラム『Make-Your-Scorpion メイク・ユア・スコーピオン』が展開されます。

 

 

このカスタマイズ・プログラムでは、ベースグレードのメーカー希望小売価格に対して110,000円(税込)追加のみで自分好みのオリジナルABARTHを創り上げることが可能!(※有償のオプションカラーを選択した場合は別途加算)

メイク・ユア・スコーピオン」では、カタログに設定のない特別なボディカラーが設定されることに加え、通常は選択できないボディカラーとシートカラー、ならびにアクセサリーパーツの色の組み合わせが可能となります。今回は、新色マットブルーが追加されました。

make your scorpion メイク・ユア・スコーピオン ABARTH

 

同カスタマイズ・プログラムは、595シリーズ全モデル(「595」「595 ツーリズモ」「595C ツーリズモ」「595 コンペティツィオーネ」)が対象!(※モデルにより選択できるボディカラーやアクセサリーパーツは異なる)

選択できるボディカラーは、「595」が通常の3種類から8種類、「595 ツーリズモ」は4種類から9種類、595C ツーリズモは5種類から8種類、595 コンペティツィオーネは5種類から14種類へとそれぞれ選択肢が大幅に拡大します。モデルによりビコローレ(2トーンカラー)のほか、ブラックトップも選択可能に。

また、インテリア、ブレーキキャリパー(595を除く)、およびソフトトップ(595C ツーリズモ)の色も変更できるそうです。ブレーキキャリパーの色を変更した場合は、それに応じてホイールのセンターハブキャップの色も変更となる。

カラーの組み合わせは全372通り!さらにデカールやミラーキャップ、サイドストライプ、LEDフロアバルブなどのアクセサリーを含めると、合計14,000通りの組み合わせが可能となり、自分だけのオリジナル・アバルトを仕立てられます。

  • 自分だけの1台を創り上げられる期間限定のカスタマイズ・プログラムが開始
  • カラーの組み合わせは372通り、アクセサリーを含めると14,000通り以上の選択幅
  • 通常選択できないボディカラー新色マットブルーが選択可能

 

旧チンクことNuova500(ヌォーヴァ・チンクエチェント)を、レース仕様にバリバリ走り込めるようカスタム・チューニング施したのがABARTH595の始まり。

旧アバルト595(オリジナルABARTH)はフィアット500Dをチューニングしたサソリ版チンクエチェント!

創始者カルロ・アバルトが蠍座(さそりざ)生まれだったことから象徴となるエンブレムにはサソリのマークが刻まれています。

現行車のニューチンク(フィアット500)と形はそっくりなのに何故エンブレムがサソリなの?

・・と、疑問に思う方もたくさんいらっしゃるようですね。グレードではなく別ブランド扱いですし。たしかに、イタリア車の知識をあまりお持ちでなければ分からないのは当然ですよね!

 

-アバルト ABARTH サソリの車

Copyright© cinquecentista , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.